牛肉の野菜巻き

牛肉の野菜巻き


材料

牛もも薄切り肉・・・3枚
アスパラ・・・2本
にんじん・・・1/4
塩・・・少々
醤油・・・大さじ1
酒・・・大さじ1
みりん・・・大さじ1
サラダ油・・・少々



作り方

1.アスパラとにんじんは塩少々を加えた湯でゆで、包みやすいようにそれぞれ5cm位に切りそろえ、アスパラは縦2等分、にんじんは5cm画位の細切りにする。
2.牛もも薄切り肉は平らに並べ、醤油、酒、みりんで下味を付けておく。
3.1を2で巻き、フライパンにサラダ油を熱し、牛肉の巻き終わりを下にして入れ、ころがしながら中火で焼く。
4.表面がこんがり焼けてきたら、残ったつけ汁を絡めながら焼いて仕上げる。

ライスコロッケ

ライスコロッケ


材料

ご飯・・・茶わん1杯
たまねぎ・・・1/8個
ケチャップ・・・大さじ2
塩、こしょう・・・各少々
サラダ油・・・少々
プロセスチーズ・・・1cm
小麦粉、溶き卵、パン粉・・・各適量
揚げ油・・・各適量

※ポイント
ライスコロッケを作る前に、パン粉はポリ袋に入れてめん棒でたたくか、ミキサーにかけて細かくすると、きれいに揚がります。



作り方

1.フライパンにサラダ油を馴染ませ、たまねぎを炒める。ご飯を入れほぐし、ケチャップをまぜる。
2.チーズは2等分しておく。
3.1が冷めたら、2等分してラップの上でかるく丸め中心にチーズを入れ、ラップのままきつめに丸める。
 (ここまでを前日に作っておくか、時間のある時にまとめて作って、冷凍しておくのもいい)
4.3のラップをはずし、小麦粉を薄くまぶし、溶きほぐした卵液につけ、パン粉をまぶす。
5.190℃に熱した油でキツネ色に揚げる。

お弁当

ご挨拶


いつも給食の子供にとって、たまのお弁当は心浮き立つアイテム!

持ち物は、水筒(お茶か水)敷物 濡らしたおしぼり、忘れちゃならないお弁当とはしセット。

特に遠足のお弁当は友達と見せあったり、交換したりするのは、今も昔も変わらない風景でしょうね。

手につまんで食べられるおかずを選んであげると、そんな楽しみも倍化します。

加えて外での活動で消耗する体力も補い、季節の食材も入れたメニューを構成してあげると、健康も楽しみも両方手に入るお弁当になりますね。

やはりお弁当は保育園や幼稚園 小学校の遠足で、母親の作ってくれたお弁当に「どんなおかずが入っているのかな?」とワクワクしていた人も多いはずです。

「お弁当に入っていると嬉しいおかずランキング」で総合1位に輝いた“おかずの王様”は…お弁当の定番中の定番、≪鶏の唐揚げ≫が1位で、パリパリッという皮のこうばしい歯ごたえと、ジューシーなお肉のうま味は、ご飯との相性も抜群で、しょうゆやにんにく、しょうが味など、味付けのバリエーションも豊富です。

2位には≪卵焼き≫が登場。お母さんの優しい愛情が詰まったふわふわの《卵焼き》は大人から子どもまで大人気。まさしく“母の味”を象徴するおかずと言えるのではないでしょうか。

また、空になったお弁当箱も、親ならではの楽しみではないでしょうか。

春・秋は外で活動する機会が多いのではないですか? 運動会、遠足、スポーツ大会、ピクニック、サイクリング等々、そんな積極的に動く日にお勧めしたいお弁当。

当サイトでは、時間がなかなかとれない朝でも短時間で簡単にできる、お弁当レシピの無料サイトや、レシピ本等あらゆる情報をご紹介しております。